2020

100個ブログ2020年11月の実践記【17ヶ月目】

結局、手動ペナルティを受けたトレンドブログは後回しにした。
ライターさんも全て、辞めてもらった。

トレンドブログを辞めようと思ったのは、全然成長が見られなかったからだ。
それならば、ASPを絡めたブログの戦略を学んだ方が良かったのではないかと思ったからだ。

結局、単純計算で外注費を60万円も私は無駄にした。
初めは30万円のつもりが、バクチ打ちになってしまった。

60万円もあったら、もっとマシな投資ができたと思う。

2020年11月のPV数と収益

メインで運用していたブログは、手動ペナルティにあったので、収益は0円になると思っていたら、140円ほど稼いだ。

また、一番初めに作ったブログが意外と稼いでくれて、全体で3,000円くらいは稼いだ。これは、意外と嬉しかった。

もう、月100円くらいしか収益はないと思っていたので、月の途中から1,000円を超えたくらいから気分が上がった。

今までやってきたことは、絶対に0にはならないっていう証拠だとも思った。私には、そう思えた。

会社の自分とブログ運営者としての自分

私が8月末頃から体調を崩して、会社にもろくに出社できない状態でいたので、師匠のじゅんさんとも2ヶ月くらい相談していなかった。

復帰した矢先に手動ペナルティだった。
これは、もう神様の仕業だとしか思えない。

「神は、私に試練を与えた」

多分、私は伝説を作るので、これくらい苦労をしていた方がネタになるので、なかなか簡単には上手く行かせてもらえない。

話を戻すと、師匠のじゅんさんから言われた事を書きたかった。

「これ、自分で調べてみました?」
「思考停止になったら、すぐに質問してくだい。」

この言葉をよく師匠から言われていました。
本当に何回も。

会社の社員だったら、もう「ヤバイやつ」認定されるくらいです。

「会社の仕事じゃできているはずですよ」とも、言ってもらえた。

でも、一方で私、社員としても仕事できない方なんじゃないかって、最近は感じるようになった。

自分では、会社では結構成績を残している方と思っていたけど、それもある意味主観で、効率とか数字の面で順位をつけられると、私は圧倒的に1位ではない。上位すらない。

真ん中の普通のレベルだ。
特に私の仕事は、電話対応なので「仕事は速さだけじゃない」部分もある。電話を早く終わらせようと思えば、早く終わらせられなくもない。

でも、それだと解決には至らなくて、結局、また電話が掛かってきて、誰かが対応する羽目になる。

そんな電話を全部私が片付けているような気がする。

何回目のクレームなんだって、思う電話もある。こんな事1回目の電話で片付けとけよ!って思う。全部、最終的に片付けてるの私じゃん。

お客さんは、私に当たるまでのゲームみたい。
私は、会社の中では、そう言ったクレーム対応を片付ける要員でいうと、2対8の法則でいう2割の方に入っているんだと思う。

それで、私は「解決度」で見る限りは貢献していると思う。
これをブログに生かす時、どうも共通点を見出せない。
本当に要領が悪い。

でも、思い返せば、私はいつも要領が悪い。
だから、きっとこれで普通なんだと思う。

要領が悪いながら、もがいて、もがいて、だんだん人並みになれてきた。
電話対応も初めは全然ダメで、下の方にいたけど、上位に食い込み、1位になったこともある。

小学校の勉強もそうだった。
1、2年生の頃は、全然できる方ではなかった。
3年生になってから、急に分かるようになってきて、4年生からだんだんできるグループに入っていた。

勉強がとにかく楽しかったから、「自習ノート」を買った。友達が4冊分が1冊になったノートを持っていて、頭良さそうだったので、私も同じノートを買ってもらって、どちらが早くこのノートを終わらせるか、無言の競争もしていた。

5、6年生になって、自分でも勉強はできる方って自覚があって、自信もあったし、「普通」にしていれば、何でも分かった。

趣味のダンスだってそう。
幼稚園、小学校、中学、(高校は一時中断)、大学生まで、全然センターで踊れることなんてなかった。
センターを取りに行こうなんて、全然思わなかった。下手くそだったし、全然考えてなかった。

でも、だんだん上手なダンスが何なのか分かってきて、センターで踊りたくなったし、自分の長所を活かした見せ方も分かってきたし、ダンスに費やす時間も増えた。

今までの人生で私は、勉強とダンスと、後は部活くらいで、ほとんど遊びには時間を割いてきてない。だから、全然漫画の話とかゲームとか、これにハマったっていう話ができない。

でも、そんな私の人生でも「ハマった」って思える勉強やダンスを振り返ると、それなりに時間を費やしていることに気づく。

私には、日常でしかなかったから、時間を費やしたという感覚がない。現時点でいうと、仕事。仕方なく、今を生きるためにやっているものって感じ。

あ、ダンスだけは違うか。

本当にハマっていた時は、夜のお城の桜の木の下で一人踊ったこともあった。
ずっと、ダンスの曲しか聴いてなかったし。
そう言えば、精神的におかしくなって、会社休んでL.A.にも1週間のダンスの短期留学にも行ったな。

そう思えるほど、ブログに私は情熱を注げていないし、楽しいと思ってない。
最近、やっとお金を稼ぐ意外で、ブログがキレイに仕上がるのが、ちょっと楽しいと思えてきた。

やっと、スタートラインに立てたのかも?

脳が心に上書きされる

「脳が心に上書きされる」って、抽象的な表現かもしれないし、私と同じ感覚の人もいるかもしれないと思う。

とにかく、上手く行く人と行かない人は、「脳の特徴」にあることは、私の中で答えが出ていて、その辺の裏付けというか、「自己肯定感」についての本を読んだり、ネットで検索していたら、やっぱりそうらしい。

もし、あなたが以下に当てはまる場合、すぐには副業を始めない方がいいです。
その前にあなたが、やらなければならないことは、生活を整えることです。

自己肯定感の低い人の特徴

・外見にこだわらない
・部屋が散らかっている
・化粧をしない
・グズグズする
・今日に集中していない(過去や未来ばかりを見ている)
・貯金ができない

専門書籍を読めば、他にも色々と特徴があると思いますが、上記は私が全部当てはまっている項目です。

自己肯定感の高め方は、色々なやり方があると思いますが、私は自分で気づいた部分を少しずつ改善して行くのがいいと思います。

自分のことは自分が一番分かっているからです。他人の考えを押し付けられても、「やらされている感」が出てしまって、やる気が起きません。

自分ができないことをできるようになった方が、効果は抜群だし、満足度も高いです。

このことで、私は気付きました。
脳には2種類あって、感情的な脳と、論理的な脳です。実際、そうらしいです。

私は感情的な脳タイプなので、感情によってすぐに脳が騙されます。
「感情によって、脳が上書きされる」のです。

簡単にいうと、いい気分の時は、やる気が出るけど、何か嫌なことがあると、全然やる気が出ません。

これは、意外と些細なことでも影響があることが、私の実体験でわかりました。

会社での仕事の中で、その日一日誰も私のことを感謝したり、褒めてくれないとイライラが募ってしまい、帰宅後もその感情を引きずって、ブログを書くのに時間がかかりました。

しかし、朝から「おはよう」とか、「ありがとう」「すごいね!」「さすが!」っていう言葉を多くかけられた時は、とても気分がよく帰宅でき、その後も気分が良くて、ブログの作業も捗りました。

人間は、ネガティブな感情になると、無意識に自分にネガティブな言葉を心の中で呟いているそうです。特に私のようなタイプは、口には出さないけど、心の中で無意識に不平不満を言っていることが多いです。

「最悪!」「あーもう!」「ムカつく」「デブ」「ヤバイ!」「時間がない!」「クソッ!」・・・。

結構、当てはまりませんか?

意外と意識して数えて見ると、結構な回数言っています。
私の場合、「最悪」が、中学生の頃から口癖で言っていたので、もう何万回も言ってます。

だから、最悪なことしか起きなかったんだなと妙に納得しました。

でも、機嫌がいい時は「最悪」って言葉があんまり出てこないことも気付きました。自分でも意識して、使わないようにしたのもありますし、何か頭に過ぎると空を見るようにして、「今日も空が青いな」って、心で呟くようにしました。

意外と、人間って単純で目に見えたものにはすぐ反応するので、ネガティブ思考になりがちな時は、すぐに視線を別のところに移すのはいい方法かもしれません。

単純かもしれませんが、そのせいか、私は最近夢の中で虹を見るようになりました。この前は、3本の虹が同時に発生していて、虹の端に私は立っていて、「わーい!わーい!」と、三本の虹の間を行ったり来たりしていました。

2、3ヶ月前は、自己肯定感が低いことを嘆いていましたが、意外と脳は単純で、騙せることを実感しています。

まだまだ感情がネガティブになると、やる気はなくなってしまうのですが、そういうものだと自覚した今は、自分をコントロールできるようにようやくなってきました。

だから、まずは頭で考えてはダメ!
とにかく、自分が機嫌がよくなるような、気分がいいことだけをするようにすると案外簡単にやる気は起きます。

私、他人のやる気はすぐに引き出せるんですよね。
そのおかげで、後輩社員は私を慕ってくれます。
やる気を引き出すのは、とても簡単で、とにかく認めて、褒めてあげることです。

でも、自分のやる気だけは、なかなか上手く行かなくて、客観視できていなかったです。
誰も褒めてくれなかったら、自分で自分を褒めてあげたらいいんです。それと「セルフハグ」。自分で自分を抱きしめてあげるのも効果的でした。

(誰かに抱きしめられるのが、絶対効果があるのは分かっているけど、相手がいないから仕方ない。)

我慢していたことを全部辞めた

そして、自分の気分が良くなることを選んでいくと、だんだんと自分に制限をかけていたことに気づいて、色んな決まり事(マイルール)を撤廃していきました。

私の場合、時間がもったいないと始めた「化粧をしない」が、結局、ブログを書く時間には生かされていなかったので、化粧をする時間を逆に設けるようにしました。

初めの3日くらいは、面倒臭かったですが、化粧をした自分の顔を見ると「やっぱり、私、イケてんじゃん!」って、思えるようになってきて、ちょっと気持ちが強気になりました。

「ガラスの仮面」じゃないけど、ちょっと別人格の自分が出てきて、「できる女風」を演じれるようになりました。

会社でも、同僚からの扱いが丁寧になった気がします。やっぱり、化粧したおかげで、色気が出てきたのかも?

次に、お菓子を買うようになった。自分のお金でお菓子を買うことがほとんどなく、お菓子を食べる習慣がありませんでした。お菓子を食べるのは、実家に帰った時や、友達からもらった時。甘いものは、自分でケーキを焼いたり、ヨーグルト、果物を食べたりしてました。

でも、たまに小腹が空いた時には、お菓子を買ってみて食べるようになりました。

それと、寝るのも我慢しないようにしました。やっぱり、睡眠は基本。睡眠時間を削っても何もいいことはありませんでした。

体の調子は悪くなるし、集中力は欠くし、仕事にもブログにもミス連発で悪影響しかありませんでした。

体調が悪くなって、会社も休むし、睡眠時間を削ってやれっていうのは、昔の話ですね。
本当に理にかなっていない。

読書をするようになった。読書の時間もブログの時間に全て充てていたので、全くの自分の余暇の時間というのがなかったです。やっぱり、遊びの時間は必要です。

今までの私の時間は、「寝る」「仕事」「ブログ」「食事」「風呂」「家事」のどれかしかなかったです。

自分の時間がないと、頭が思考停止になるのが、良くわかりました。

また、だらだらと書いてしまいましたが、ちょっとずつ成長をしているのかなと思います。

まだ、まだ、劇的な変化までには至っていませんが、来年早々には花を咲かせるように、コツコツタネを育てていきます。